カテゴリー別アーカイブ: 5select

mos-def-talib-kweli-are-black-star-50150b1fb3853

10SELECT ‘S 『HIPHOP CLASSIC 90′S ~2000』PART3

一曲目が全て!いやーやっぱりこの曲はレジェンドチューンですわ。
間違いない。

 

Jermaine Dupri – Welcome To Atlanta (Coast 2 Coast Remix) (Dirty)


Redman – Time 4 Sum Aksion


Black Star (Mos Def & Talib Kweli) – Definition


Blackalicious – Chemical Calastenics


Freeway – Flipside ft. Peedi Crakk


Brand Nubian – All For One


Main Source – Fakin’ The Funk


Digable Planets – 9th Wonder


Camp Lo – Luchini (AKA This Is It)


Naughty By Nature, Jamboree

BigPun

10SELECT ‘S 『HIPHOP CLASSIC 90′S ~2000』part2

この時代のはどんだけ紹介しても終わりがないっすね。恐らくヒット曲オンリーでいっても500曲以上は普通にあるのが怖いところ。

ガンガン紹介していきます。この辺もまあ普通に有名どころですが踊れるの押し目で。
といってもこの時代の曲はほぼ全部踊れるような曲だらけですけどねー。

A Tribe Called Quest Scenario ”Remix 1992” feat Busta Rhymes


The Jungle Brothers “Black is Black (Ultimatum remix)


The Pharcyde – Drop


渋いなー。ナイスすぎるでしょ。PVがいいわー。

Lucy Pearl feat. Talib Kweli – Don´t mess with my man


erick sermon react feat redman


何故かyoutubeのPVが地域制限かかってるのでニコから。

Erick Sermon & Sy Scott – Battle


Ludacris – Saturday (Oooh! Ooooh!) ft. Sleepy Brown


Das EFX – Mic Checka


Craig Mack – Flava In Ya Ear (ReMix)


Big Pun feat. Joe – Still Not A Player


この特集20回ぐらいやってもまだお釣りが来るぐらいあるような・・・気が向いた時にちょくちょく記事作ってきますー。

clipse

10SELECT ‘S 『hiphop classic 90′s ~』200回以上聴いても飽きないチューンを気ままにセレクト

ふと聞きたくなるのがやはり90’s~2000年辺り。どんだけ神曲あるんだよ、と突っ込みたくなるぐらい当時気が狂わんばかりに集めまくったヒップホップクラシックを思いつきのまま紹介。

この時代の音はDJでミックスされても出先の一つ目のドラムやオケ一音で何が来るかわかるぐらい聴いたなー。みんなそんなもんでしょ?
とはいえ、普通に特集してもつまらないので少しだけメインから外してます。まあそれでも全曲有名だけどね。
まあ年代の枠からズレてるのはノリで選んだ結果なのでご愛嬌。

Watch Out Now- Beanuts


Ghostface Killah, Nate Dogg & Mark Ronson – Ooh Wee


Clipse – When The Last Time


Busta Rhymes – Break Ya Neck


Dilated Peoples “Work The Angles”


Lil Bow Wow Bounce With Me


OutKast – Gasoline Dreams


Lords of the Underground – Chief Rocka


Eric B. & Rakim – Follow The Leader


Big Daddy Kane – Set It Off – Big Daddy Kane

switchblade-recordings-whiskey-pete

5SELECT ‘S 『breaks』UKを中心に盛り上がるアッパーチューンしかないゴキゲンなジャンル

USクラシックを尊重しつつもUKゆえにjungleとgrimeアーティストが入り乱れ進化したアッパーなサウンド、それがbreaksです。

 

日本でかけるアーティストは本当に少なくタワレコ等でも置いてるアーティストは殆ど無い為今ひとつ日本では盛り上がりにかけるbreaksシーン。

でもUK、カナダ、アメリカ西海岸などでは今でもガンガン盛り上がってます!俺の一番得意ジャンルだけあって300曲程度紹介しろと言われてもホイホイ出せるんですがまあ5select’sという企画でやってるので5アーティストを紹介します。

DJ Hero – Just Blow



とある界隈で大人気のアレ!stantonから知りましたがkillくんがミックスで使っててさらに激アツ。わかってるねー。

 

Fatboy Slim/2Pac + Dr Dre – The Rockafeller Skank (Mulder’s Urban Takeover Mix)/California Love

めっちゃごった煮のミックス。少し前のマッシュアップですが今使っても全然いけますね。

Chevy One – Blade Crawler (Original Mix) LOT49

lot49のアーティストはメチャカッコイイ電子系breaksサウンドのアーティストが沢山いるんですがプロモーションを全然行わないので掘らないとkatie兄貴ぐらいしか出てきません。でもコンピは全部激アツ。そんなレーベル。

Whiskey Pete BOXHEAVY Snatch A Hoe Curtis B VIP Mix



whiskeyはもうほとんどtrapアーティストになってますがBPM上げたのもやっぱいいですね。curtis Bもこういうの作れるとはちょっと意外かも。

Perfect Kombo – Paranormal Activity (Original Mix)



今めっちゃイチオシのPerfect Kombo。ワブルをエッセンス程度におさえてスピード感が出てる感じのbreaksチューンを量産しててナイス。
まだ比較的出てきたばっかのアーティストなんでこれからに期待ですね。

 

今回はできるだけ今までのブログなどでしょうかいしてないアーティストで選びましたー。Deeklineとかやっちゃうと50曲くらいけるからね。

次はaquaskyとかstanton辺りとか紹介する予定ですー。

pX0vFt2

5SELECT ‘S 『iosドットゲーム』スマートフォンであえて選択するレガシーな表現技術

今スマートフォンゲーム業界で頭角を出しているドットゲームが熱くてオモシロイ

今やスマートフォンの普及率は49%とも言われる巨大産業に。ユーザーが多い故に代替ゲーム機としての市場も爆発的に発達しています。

とはいえ、旧来のゲームに慣れ親しんだ身としてはソーシャルゲームのような海千山千ゲームは嫌いだしハイエンド機ほどのスペックは無い・・・という中で今、FC,SFCで親しんだドット技術がゲーム会社に再び採用される流れに。

今回は実際にプレイして面白い!と思ったものをご紹介します。
一部有料アリ。

メタルスラッグディフェンス



にゃんこ大戦争やチェンクロ等で人気を博しているヨコ型タワーディフェンスゲームのメタルスラッグ版が登場。

これはかなり面白い!ユニットもかなり多く昔ゲーセンでやりまくったメタスラシリーズの味方の機械や敵・ボスが余すとこなく登場しています。

オススメのユニットはラクダと百太郎(玉を出す捕虜の振りした軍人)。
対人戦と面をクリアしていくCPU戦アリ。課金しなくても十分楽しめます。

すばらしきこのせかい -Solo Remix



キングダムハーツの制作チームが携わりDSで人気を博したドットゲーム。アクションの素直な面白さとバッジのやり繰りと収集の面白さ、キャッチーかつエッジのある擬似ダンスミュージック、グラフィティ要素を取り入れた敵等がポイント。

個人的にはDSのときよりやりやすいです。DSはキャラが二画面に別れていてかなり大変でしたが今回は一画面!渋谷区をモチーフにしたMAPも面白いです。というか地名などは全部そのまま。CISCO坂にレコードショップがあるなど色々細かいのがオモロイw
有料買い切りです。

Wayward Souls



Rocketcat Games のアクションRPG。聖剣伝説に影響を受けて作られたアクション『Mage Gauntlet』のスピンアウト作品。

今作も爽快なアクション要素や魔法を駆使して戦うスタイルで非常に面白い。動きはゼルダの伝説やアランドラ等に近いかな?

昨今のゲームにしては中々の難易度で慣れてないと中々難しいゲーム。その辺もSFC等のゲームを意識してるのでしょう。
有料買い切り制。この会社はDL数に応じて最初が一番値段が安く徐々に値段をUPしていく方法を採用しています。まだ出たばかりなので今がチャンスなのでは。

ブレイブ フロンティア



従来のソーシャルゲームRPG要素を基に全面にSFC全盛期のようなドット技術を駆使したゲーム。

ハッキリいって育成など殆どパズドラ的なテンプレ感満載ですが戦闘がヴァルキリープロファイルのようなドットキャラを動かしたり必殺技を出すゲーム。これだけで面白くなる不思議。

ドット技術はヴァルキーやSFCのルドラの秘宝のような技術に近いかも。とはいえSFCと違い色数制限が無いことや一度ドットで組んだ後レガシーさを上げるために少し圧縮して表示しているとか。
基本無料課金制です。

ポケットキングダム



韓国のスマホゲー制作会社が作成した国の拡張とダンジョンの攻略を繰り返すドットゲームRPG。

ルーティーン要素が強くいかに上手く回して国を拡張していくか、というのが味噌。やっていてサンシャイン牧場をやっているような気分になりました。
2CHスレでリセマラは無駄だからやるなと言われるほどのガチャの悪さはどうかと思いますがゲームとしては非常に完成していて面白いです。

ただ私はメタスラにうつったからリタイアしました。
基本無料課金制です。

 

オススメは断然メタルスラッグディフェンス。wi-fiを使った対戦はスタミナ無しでも無限にできるので今後の発展に期待です。

今後コミックのレビュー等もしたいと思いますー。
アメコミとかもね。

 

 

parkour

5SELECT ‘S 『パルクール』フランス発祥の危険で魅力的なパフォーマンス

リアルヤマカシとも言われるエクストリーム・スポーツ、それがパルクール。

 

特別な道具を一切使わず人工物や障害物を駆け巡る比較的新しいエクストリーム・スポーツ。

アサシン・クリードやミラーズエッジ等も参考に取り入れたという都市を駆け巡る姿、映像的魅力もバツグン。

今回紹介するのはむしろフリーランニング、というパフォーマンス主体のものです。
(言うまでもないですが危険すぎるので素人がやってはいけません)

The World’s Best Parkour and Freerunning


Extreme Parkour and Freerunn


Jump The World (Parkour & Freerunning compilation)


Assassins Creed 4 Black Friday Parkour


Bike Parkour -Streets of San Francisco!



最後の映像はパルクールではなくBMXでのパルクール的パフォーマンスですがカメラ回しがとてもカッコ良くてナイス。

エクストリーム・スポーツの映像ってとても商品的価値が高いのですが中々市場自体がニッチかつ一つのコミューンやジャンル向けにしか広がらない場合も多いのですが大体は単に知られていないだけ、というのが殆ど。

また折を見て色々紹介していこうと思います。
レース系の動画等も面白いですよ!

 

maxresdefault

5SELECT ‘S 『Glitch Hop』2014年もまだまだイケてるジャンルをピックアップ

Glitch Hopはワブルより拍の使い方で良し悪しが決まる、そんなサウンドを羅列的にご紹介

 

最近はmild tempoともいうジャンルにさらに細分化されているGlitch Hopですがまだまだカッコイイチューンが世界中で発表されています。

今イチオシのMr. Billを中心に五本ご紹介。

Mr. Bill ft. NLJ – Slutteral Gump (Crazy Fast Rap)


Elènne – Ruthless Bloom

Minnesota – Stardust Redux (Perkulat0r Remix)


Mr. Bill – Router (Circuit Bent Remix)


Psymbionic & Great Scott – Computronium


正直日本のエレクトロニカはアンビエント調が多くて苦手・・・と思っていたんですが世界のグリッチはアンビエントになっても拍の使い方がめっちゃ気持ち良くてオススメです。

Mr. BillとCircuit Bentはその辺の使い方がメチャクチャ上手くて新作のアルバムも最高でopiuoやstickybird,clozeeとかと並ぶぐらい今イチオシのアーティスト、要チェックです。

adobehtml5

5SELECT ‘S 『HTML5』のカッコイイHPをチェック

flashを使わなくてもここまでできる!HTML5のカッコイイサイトをもう一度チェック

 

日本では企業ぐらいしかやっていない動的コンテンツやパララックスページですが2014年はモバイルファースト優先がトレンドなのか案件としては減少されているというコンテンツ。
日本でパララックスでオシャレなサイトなんてまだまだ少ないですし・・・企業にだけやらすのは勿体無い!

ということでもう一回サイトを研究してみましょう。

Alee Foroughi – Portfolio

2014010700152

フリーのグラフィックデザイナー、ALEE Foroughi氏のポートフォリオサイト。
スクロールで今まで受けた仕事数がカウントされていくというユニークな仕様。パララックスの使い方がとても上手い。

http://www.aleeforoughi.com/

 

DIVERSE SYSTEM – JAPAN

japan-a2pos

同人CD頒布サークルの特設サイト。同人とは思えない完成度。素晴らしいの一言。

http://japan.diverse.jp/

Lamoulade

lamoulade

パラレックスというスクロール方式を用いた海外のページ。
動きが一方向に留まらないスタイルがナイス。

http://lamoulade.com/#!/home

アドビ|The Expressive Web

adobehtml5

アドビが立ち上げたHTML5やCSS3の機能を使ったサンプルサイト。

http://beta.theexpressiveweb.com/#!/welcome

Festival Mundo 2011

festivalmundo

画像がウネウネ重なりながら動いてる面白いサイト。

スクロールすると左右にサイトが動きます。

http://2011.festivalmundo.com.br/#inicio

 

ランディングページと違う所は商品を売るというよりブランドとしての価値やユーザー体験を主に置くトコロが目につきます。

日本仕様のランディングページはむしろ特売の広告・チラシのような役割が今や大きく、カッコよさは二の次に・・・というのも海外と日本ではだいぶ違いますね。

テキスト主義もいいですがたまにはカッコ良さを重視したサイトに立ち返るのも面白いのでは?という特集でした。

ではまた次回。

RIP-Rich-YAK-FILMS

5select ‘s dance video by 『YAK FILMS』

世界で一番クールなダンスビデオPV 「YAK FIMS」

 

リニュアール一発目はダンス動画から。

世界で活躍するダンサーをフックアップしredbullやアディダスともコラボを行うなどスタート以来ダンスPVシーンのTOPをひた走るYAKFILMSから個人的にマストと思うものを五本ご紹介。
4本目が最初に有名になった500万回再生されたTURF FEINZ、五本目が日本をフックアップした動画。
一本目が僕の一番のオススメです!

“RIP SodaPop” AcademyOfPhresh MonsterSquad InDaClutch | YAK FILMS



 

BATTLE OF THE YEAR 2010 BBOY 1on1 BATTLE | YAK FILMS + KRADDY + BOTY



 

BBOY LILOU Pockemon Crew Red Bull BC One Allstar | YAK FILMS



 

TURF FEINZ RIP RichD Dancing in the Rain Oakland Street | YAK FILMS



 

YLYK Dance Videos – 日本 JAPAN with New Jack Swing Brothers, Bboy Issei, Koutei Sennin | YAK FILMS