カテゴリー別アーカイブ: sound

sound系列

djrashad

RIP DJ Rashad 4月に急逝したDJラシャドとDJスピンのドキュメンタリー映像が公開

4月シカゴ・ジュークのイノヴェイダー、 DJ Rashadが死去しました。享年35歳。

今年4月に急逝したDJラシャドのドキュメンタリー映像をPitchforkが公開しました。

今年3月に開催された音楽フェス〈NRMAL〉のためメキシコを訪れたラシャドと、彼の盟友であるDJスピンに帯同し撮影を行った約20分のショート・フィルムで、インタヴューはもちろん、バックステージやメキシコの街を楽しむ様子もフィーチャーされています。

勿論BGMはラシャドの音源が中心。日本語字幕は無いものの後半はミックスパフォーマンスもあり是非チェックしてもらいたい内容になっています。

DJ Rashad + DJ Spinn: Teklife in Monterrey (Documentary)

 

またトリビュートミックスも多く公開されています。本当に惜しいアーティストを無くしました・・・。

 





とはいえ、juke/footworkって言われもまずそのジャンルがなんなのかわかんねーよって方の為に非常にわかりやすいまとめが翻訳されているのでこの映像を一回是非見てください。

Juke / Footwork Mini Documentary feat Da Mind Of Traxman JP

 

大阪でも少しずつプレイしているDJが増えている印象!僕はフェーダー周りの人しかまだ知りませんが・・・

ジュークがかかるイベントがあるときはできるだけ参加したいですね。オリジナル音源等を作るアーティストも出てきておりまだまだ目が離せないジャンルです。

 

switchblade-recordings-whiskey-pete

5SELECT ‘S 『breaks』UKを中心に盛り上がるアッパーチューンしかないゴキゲンなジャンル

USクラシックを尊重しつつもUKゆえにjungleとgrimeアーティストが入り乱れ進化したアッパーなサウンド、それがbreaksです。

 

日本でかけるアーティストは本当に少なくタワレコ等でも置いてるアーティストは殆ど無い為今ひとつ日本では盛り上がりにかけるbreaksシーン。

でもUK、カナダ、アメリカ西海岸などでは今でもガンガン盛り上がってます!俺の一番得意ジャンルだけあって300曲程度紹介しろと言われてもホイホイ出せるんですがまあ5select’sという企画でやってるので5アーティストを紹介します。

DJ Hero – Just Blow



とある界隈で大人気のアレ!stantonから知りましたがkillくんがミックスで使っててさらに激アツ。わかってるねー。

 

Fatboy Slim/2Pac + Dr Dre – The Rockafeller Skank (Mulder’s Urban Takeover Mix)/California Love

めっちゃごった煮のミックス。少し前のマッシュアップですが今使っても全然いけますね。

Chevy One – Blade Crawler (Original Mix) LOT49

lot49のアーティストはメチャカッコイイ電子系breaksサウンドのアーティストが沢山いるんですがプロモーションを全然行わないので掘らないとkatie兄貴ぐらいしか出てきません。でもコンピは全部激アツ。そんなレーベル。

Whiskey Pete BOXHEAVY Snatch A Hoe Curtis B VIP Mix



whiskeyはもうほとんどtrapアーティストになってますがBPM上げたのもやっぱいいですね。curtis Bもこういうの作れるとはちょっと意外かも。

Perfect Kombo – Paranormal Activity (Original Mix)



今めっちゃイチオシのPerfect Kombo。ワブルをエッセンス程度におさえてスピード感が出てる感じのbreaksチューンを量産しててナイス。
まだ比較的出てきたばっかのアーティストなんでこれからに期待ですね。

 

今回はできるだけ今までのブログなどでしょうかいしてないアーティストで選びましたー。Deeklineとかやっちゃうと50曲くらいけるからね。

次はaquaskyとかstanton辺りとか紹介する予定ですー。

maxresdefault

5SELECT ‘S 『Glitch Hop』2014年もまだまだイケてるジャンルをピックアップ

Glitch Hopはワブルより拍の使い方で良し悪しが決まる、そんなサウンドを羅列的にご紹介

 

最近はmild tempoともいうジャンルにさらに細分化されているGlitch Hopですがまだまだカッコイイチューンが世界中で発表されています。

今イチオシのMr. Billを中心に五本ご紹介。

Mr. Bill ft. NLJ – Slutteral Gump (Crazy Fast Rap)


Elènne – Ruthless Bloom

Minnesota – Stardust Redux (Perkulat0r Remix)


Mr. Bill – Router (Circuit Bent Remix)


Psymbionic & Great Scott – Computronium


正直日本のエレクトロニカはアンビエント調が多くて苦手・・・と思っていたんですが世界のグリッチはアンビエントになっても拍の使い方がめっちゃ気持ち良くてオススメです。

Mr. BillとCircuit Bentはその辺の使い方がメチャクチャ上手くて新作のアルバムも最高でopiuoやstickybird,clozeeとかと並ぶぐらい今イチオシのアーティスト、要チェックです。

Rapstar Compilation Vol.05



 

 

 

 

 

 

 

 

 


「Rapstar Compilation Vol.05」

とらのあな、メロンブックス等、各同人ショップで販売中

01 発光サウンド / らっぷびと
02 F.T.O.The.Breaks / fooza
03 IN GA KATTAI P.O.L.O REMIX / POLO
04 Forget Me Not / Lupinus
05 The Light / CHESTNUT
06 I.C.E.(In Complete Error) / blue_beat
07 ぼくらは虚空に何を視るか (fanfan Remix) / starscream
08 Wish feat. ist / Rilldy
09 休日~ver.1~ / FATTY
10 忘れたいや / RESTA
11 Ver.Beta / hattori
12 eden of east / IROISM
13 ミニチュア・ローズ / SHIDO and Ginryu
14 Timeover / 雨天決行
15 My Dear Son… / OROCHI
16 PSP Anthem / Prefab Sound Production
17 summer madness / 炎楽×ist×Rilldy
18 Living Room / Monogh

価格:1,000
収録:全18曲 / 参加アーティスト18組
品番:RPST-016
Illsutration:えかきびと (Circle-FIORE)

 

 

 

 

FLstudioとTouchOSCの接続方法

touch osc

 

 

先に言っておきますと、今までのTIPSなんて初級者用みたいなもんでして、今回のはかなりの難易度を誇りますんで注意してください。

Win専用のDAW、FLstudioでTouchOSCをDAWコントローラとして使う方法です。

DAWコントローラとしてアプリん中では恐らく最強のアプリは間違いなくコレなんで両方持ってる人は是非使いましょう。

簡略化した接続方法としては、

WIN母艦PC

FLstudio ←→ rtpMIDI(midiエミュレート)←→puredata(OSCソース記述)

↑(親)wi-fi接続(子)↓

ipad ←→TouchOSCアプリ

という感じです。わかりにくいんで図も後でつけておきますね。

インストール,購入、用意するもの

PC側

ホストDAW FLstudio(http://flstudio.image-line.com/)

rtpMIDI(http://www.tobias-erichsen.de/rtpMIDI.html)

puredata(http://puredata.info/community/projects/software)

wi-fi機器(ゲーム用でもOK,PCからwi-fi飛ばせるものならなんでもアリ)

MIDIYOKE(多分いりません、でもあると色んな所で使えます)

TouchOSC Editor

(http://hexler.net/software/touchosc)

ipad側

TouchOSCアプリ(http://itunes.apple.com/jp/app/touchosc/id288120394?mt=8

※前段階として、wi-fi環境を整えてください。

自分はPSPとかDSのwi-fi環境で使ってたWLI-UC-GNTとかいうwi-fiUSBを使っています。(生産終了の古いやつ)

楽器屋の店員曰く、古いwi-fiとかのほうが何故か安定するとのこと。(未検証です)

1.

母艦(WindowsXP)にwi-fi親環境を構築、ゲーム系のアドホック的な環境でOK。

2.

ipconfigでIPを吐いてWEPKEY等でパスワードを出す。たまにFirewallが干渉してくるのでチェックを外しておく。これを使ってipadに接続できる。

3.

母艦にMIDIYOKEとrtpmidiをインストール。

rtpmidiが接続されたipadをセッションとして接続してくれるので擬似的midi環境を構築する。MIDIYOKEはここでかましてもいい

(多分なくてもいけます)

4.

TouchOSCをipadにインストール。TouchOSCはIPを指定してやらないとダメなので最初のほうに調べたIPをアプリの中のHOSTという場所に記入する。

他のMIDI設定はどっちでもいいけど全てオフにする。

5.

pure dateというド級の理系専門ツールみたいなのをインストール。javascrptで動いてるらしいけど全く意味がわからないけど、ここの文章を全部コピペで貼るだけでOK

http://hexler.net/pub/touchosc/simple-midi.pd

6.

FLstudio側でMIDIsettingの画面に。Inputでrtpmidiで吐いたセッション名を探してインプットでアクティブに。日本語が混じってると文字がバグるけど逆に探しやすいかも。エラーみたいなテキストが出ても無視。

運が悪いとここで何回かFLが落ちる。

上手く繋がっていれば、DJセットのレイアウトでフェーダーをタップしてあげましょう。

すると何故かデフォルトの画面とFLのミキサーが一部反応するはずなのでそれでとりあえず同期は成功です。

7.

しかし同期が成功したけどカタチが使えなすぎるので、TouchOSCeditorを公式からDLしてきます。これを使って自分の好きな形のDAWコンをいくらでも量産可能。

TouchOSC、カスタムレイアウトとかで検索すれば他の人が作ったのが一杯出てくるので、それを下敷きに作ってもいいでしょう。購入してもいいけどすぐ作れますから是非自作をオススメします。

8.

IPをまたLayout→Add→IPを入力で登録、セーブした画面を表示したままIPADなら、IPADをあらかじめ選択しておいてエディターでSYNCボタン、IPADでエディターホストを選択すると画面が同期して転送される。IPADとIPHONEはテンプレを共有も保有もお互いできないので注意。

9.

ちなみに適当に作ってFLの場合は手作業で同期していくわけですが、一括管理してくれるツールがWindowsにはありません・・・全部手作業で入力。やり方は上のMIDI振りと一緒です。

X-Ypadにイコライザ、ミキサー、ドラムパッドにDJプレイも全部可能です。ホストになる音楽ソフトウェアにMIDI機能があればほぼ全部いけます。ただまあWinだと手作業で管理なんですがね・・・

それと相互送信が今のままだとまだ確認できていません。DSMIDIWiFi等を使えば可能らしいのですが、今のところFL側でマウスで弄った部分がipad側に反映されてはいないので、ここらへんはまだ要研究といったところですね。

今のところ、FLstudioとTouchOSCを繋げた!という日本人のブロガーがいなかったので記事をかかせていただきました。

多くの他の接続方法を参考にさせていただきました。

藤本 健さんのブログの内容を大元に推理し、

藤本健の“DTMステーション” SONAR X1とiELECTRIBEを同期させてみた

http://www.dtmstation.com/archives/51731768.html

puredataの情報をキーワード等で検索して福間創さんのブログから細かい情報を頂きました。

特にソースコードは気づかなかった・・・本当にありがとうございます^^;

福間創のセクシー・シンセサイザー 該当記事

http://yaplog.jp/soyuz/archive/105

ちょっとまだ画像は用意できてないので残りは少々お待ちを。

用意でき次第更新かけていきますー。

WHO ARE THE CHAMPIONZ??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラック制作、提供で参加、Amazon等WEB及び大型店舗で発売中。

 

1 Intro

2 Rock Steady

3 Shooting Star

4 西暦3068年

5 脳内回転

6 Drinkinnn!!!

7 昨日のことは全て忘れて明日は明日でとりあえず置いといて今日という1日を踏ん張り頑張って生きる歌 feat.JEFF

8 Computer Shit

9 skit

10 Good Morning

11 Love is all

定価:2,000円(税抜1,905円)
受発注番号:MTOT-12
レーベル:DEF MUSIC ENTERTAINMENT
流通:ダイキサウンド

 

amazon
http://www.amazon.co.jp/WHO-ARE-CHAMPIONZ/dp/B00392S800
タワーレコーズ
http://tower.jp/item/2686935/WHO-ARE-THE-CHAMPIONZ–
HMV
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3782261