image_01

アメコミ傑作映画X-MENフューチャー&パスト レビュー&コラム 

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、X-MEN映画の新作X-MENフューチャー&パストを見てきました

結論から言うと今回のはめっちゃ面白い!

今までのX-MENの映画の中で間違いなく一番面白いです!ウルヴァリンのボーンクロー最高や!

本作では人類の滅亡を阻止するため、X-MENたちが未来(フューチャー)と過去(パスト)を舞台に壮大な戦いを繰り広げる。
主役はローガン(ウルヴァリン)と若き時代のチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)とエリック・マグナスレーンシャー(マグニートー)、
そしてミスティーク。

X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST – Trailer

未来がマトリックスばりに崩壊しまくった世界で過去の世界に精神を飛ばして原因を解決させる!というのがザックリとしたストーリー。

原作はなんと1981年のタイトル。古い!wガンビットとかはまだ登場もしていません。ダークフェニックスサーガでジーン(フェニックス)が死んだ辺り。原作のこの頃のウルヴィーはマジで中年のオッサンだったんだけど今はエライスリムになったなー。まあアメコミはそんなもんですわ。

8636

一連の流れが非常に上手くまとまっておりチャールズの自問のシーンはちょっと泣きそうになりました。面白かった~^^;
ネタバレはしないでおきますがキャラクターの解説だけでもしておきます。中々今回はチョイ役ですがマニアックなキャラクターが多かったー。

ウルヴァリン

今回のウルヴァリンはXウェポン計画の犠牲になる前なのでアダマンチウムを体に移植されておらず爪もボーンクロー。これでマグニートーにズタズタにされずに済むね!って感じ。でもまあ結局は・・・w
ヒーリングファクターを持ってるので精神をぶっ飛ばしても壊れないだろとかいう無茶な発想で1970年代までぶっ飛ばされる始末。
まあこの前原作で白骨化してから復活してたから大したことないか。

チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)
af4a8327

ベトナム戦争で多くの生徒を徴兵されやる気を失ってる教授。アル中みたいになってます。一番の違いは毛がある!ってトコロ。わけあってエスパー能力を一時的に失っています。

エリック・マグナス・レーンシャー(マグニートー)

あいかわらずチャールズと喧嘩ばっかしてます。仲悪いなー。
やっぱり一番強いヴィランと言われてるだけあってかなりの能力の強さを今回も発揮。もう全部こいつだけでいいんじゃないかな・・・

ハンク・マッコイ(ビースト)

教授を助ける若者って感じで出てくるハンク。ボビー(アイスマン)とのコンビのシーンが無いのは残念。コイツ一応アベンジャーズのサブメンバーなんだぜ?頭がめっちゃイイというシーンもあんまないし勿体無いなー。

ピエトロ・マキシモフ(クイックシルバー)

多分アベンジャーズ2の為の広報にゴリ押しで参加させられたキャラw
マグニートーの息子でもあるんですがエリックとあんまり会話なし。
ちょっとしたキーワードはでてるので今後に期待?ですねー

ちょっと長くなりそうなので一旦カット。
そういえば予告でガーディアンズオブギャラクシーが出てて笑いました。うーん・・・やっぱりマニアック。

guardiansofthegalaxy

ガモーラは実はサノスの養女なんですよね。ドラックス・デストロイヤーというキャラクターもサノスぶっ殺すマンみたいな設定の改造された宇宙人で作ったのはなんとサノスの親父と祖父。

サノスはタイタン人という宇宙人の王の息子なんですがタイタン人はエターナルズとかいう超美形一族みたいな設定もあってサノスはでもブサイクに生まれてしまってあれこれあってタイタン人全員をぶっ殺してしまったという設定もあったり・・・。



この辺が映画のガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーでやってくれたら嬉しいですねー。まあ合言葉はラクーンのアレだ。

fc2blog_201210241558288af

みんな丸太は持ったな!

 

時間があればフューチャー &  パストのサブキャラ紹介編もやります。